もち病

もち病についての情報です。

症状

もち病は、担子菌に属するカビで、ツツジ類ツバキ類にだけ発生する特有の病気です。

その名の通り、新葉やつぼみ、葉柄などが焼いた餅のように肉厚に膨らみます。ふくれた部分の表面は、最初はツヤのある黄緑色~淡緑色をしていますが、日の当たる部分では赤っぽくなったりします。花弁や新梢に同様の症状が見られることもあります。病気に侵された部分には、やがて表面に白いカビ(胞子)が発生し、その胞子が飛散して病気を拡大させたり、新芽などの若い組織に感染します。病変部はのちに干からびてつぶれ、褐色~黒色に変色して落葉します。

発生時期

5月~6月(ツツジ類では秋に発生することも)

春と秋、雨が続いて日照時間が少ない環境で発生しやすくなります。

この病気にかかりやすい植物

ツバキ、サザンカ、サツキ、ツツジ、シャクナゲなど

予防と対処法

予防策

  • 土壌の水はけを良くする
  • 株や葉の風通しを良くする
  • 植物に傷をつけない(病原菌の侵入を防ぐため)

病気になってしまったら

病変部を見つけたら、白いカビが発生する前に摘み取って処分し、病気が広がるのを防ぎましょう。
その後、殺菌剤を散布して発病を抑えましょう。(下で薬剤の紹介をしています)

有効な薬剤

ビスダイセン水和剤ダコニール1000サンボルドー

PAGE TOP ↑