グンバイムシ

グンバイムシ被害のついての情報です。

害虫の特徴・被害

グンバイムシ類にはいくつかの種類があり、体長は1.5~1.7ミリメートルほどで、そのほとんどは平べったい体をしています。羽が相撲の軍配に似ていることからグンバイムシと名付けられました。グンバイムシは植物の葉裏に群棲して吸汁します。

Photo by Sarefo

寄生された植物は葉緑素を吸われてしまうため、葉の表側に白い斑点があらわれ、カスリ状になります。ハダニの被害とよく似ていますが、グンバイムシの方は葉裏が黒いやに状の排泄物で黒く汚れているので区別できます。

発生時期

4~10月(特に被害が多いのは春先

被害を受けやすい植物

草花や花木(サクラ、シャクナゲ、ツツジ、カキ、クリ、リンゴ、モモ、ウメ、キクなど)

予防と対処法

予防策

  • 風通しよく管理する(枝すかしなど)
  • 密植を避ける
  • 時々葉水を与えて乾燥を防ぐ

害虫を見つけたら

発生初期の殺虫剤の散布が効果的です。(下で紹介しています)
葉裏にもていねいに散布するのがポイントです。

有効な薬剤

オルトラン液剤オルトランCアクテリック乳剤スミチオンスプレーオルトラン水和剤スミチオン乳剤

PAGE TOP ↑