ナメクジ・カタツムリ

ナメクジ、カタツムリ被害についての情報です。

害虫の特徴・被害

ナメクジ類には、黒っぽいノハラナメクジ、白っぽいチャコウラナメクジ、フタスジナメクジなど数種類います。

Photo by Maksim

ナメクジ類は乾燥に弱く、日中は落ち葉の下、プランターや鉢の下などじめじめした薄暗いところに隠れ、夜間になると這い出してきて新芽ややわらかい葉、これから咲き始める花弁、果実をなめるように食害していきます。

カタツムリ類は、マイマイとも呼ばれています。殻をもっているためナメクジ類よりは乾燥に強いのですが、やはり夜間に活動して同じように植物を食害します。ちなみに、ナメクジとカタツムリは、見た目は似ていますが、種類が違う生き物です。カタツムリから貝をはがすと死んでしまいます。

発生時期

4~6月(梅雨期)、9~10月など雨の多い時期
温室などでは一年中

被害を受けやすい植物

ほとんど全ての草花、野菜、樹木など

予防と対処法

予防策

地面の落ち葉や石などを取り除き、隠れ場所をつくらないようにしましょう。
また、プランターや鉢の周りにナメクジやカタツムリが嫌う銅線や輪ゴムを巻きつけたり、消石灰を置いたりしても効果が期待できます。

害虫を見つけたら

日中はプランターや鉢などをどかして探し、見つけたら捕殺します。夜間の活動時に根気よく見回って探すのもよいでしょう。
また、夜間にビールをまいておびき寄せ、捕まえて捕殺するのもよい方法です。

有効な薬剤

ナメクジスプレーナメトックスグリーンベイト不快害虫W粉剤

PAGE TOP ↑