斑点病(はんてんびょう)、アカクローバ

斑点病についての情報です。

症状

斑点病は、葉や茎、枝などに褐色や黒色の斑点が生じる病気です。原因菌の種類は数多く、糸状菌(カビの一種)によるものと細菌によるもの(斑点細菌病と呼ばれている)に分けることができますが、糸状菌が原因で発生するものが多いようです。

症状としては、まずはじめに葉に褐色や灰色の細かい斑点ができ、しだいに拡大していきます。糸状菌が原因の場合は、病斑の輪郭が比較的はっきりしていて、病斑部の裏に粉のようなカビが生えたりします。一方、細菌が原因の場合は、水がしみたようなやわらかくなった病斑が発生します。やがて生育が悪くなり、葉は枯れて落葉していきます。

発生時期

春~秋(梅雨や秋の長雨期など雨の多いシーズン)

この病気にかかりやすい植物

ほとんど全ての樹木、草花、鉢花、観葉植物、野菜など

予防と対処法

予防策

  • 土壌の水はけを良くする
  • 株や葉の通気性を良くする
  • なるべく雨が当たらない場所で育てる
  • 水やりの際は葉に直接水をかけないようにする
    (葉の表面がいつも濡れていると発生しやすいため)

病気になってしまったら

病気になった葉や茎を見つけたら、病斑部を取り除いて焼却処分し、病気が広がるのを防ぎましょう。
それと同時に薬剤を散布しておきましょう。(下で紹介しています)
病斑部が大きくなってしまったり、病斑があちこちできてしまった場合は、株ごと抜き取って焼却処分します。

有効な薬剤

ビスダイセン水和剤ダコニール1000オーソサイド水和剤80トップジンMゾル・水和剤エムダイファー

PAGE TOP ↑