灰色かび病

灰色かび病についての情報です。

症状

灰色かび病は、ほとんど全ての植物に発生する糸状菌(カビ)による病気です。ボトリチス菌という糸状菌が病原菌であることからボトリチス病と呼ばれることもあります。

症状としては、葉、茎、蕾、花弁などのやわらかい組織に水がにじんだような斑点が発生します。その後急激に発病部位が広がり、茶色くなって腐敗していきます。さらに病状が進むと、そこに灰色~灰褐色のカビの胞子がたくさん発生し、その胞子が飛散して被害が広がります。病菌は枯れている部分にも寄生、繁殖し、そこから生きている部分に感染していきます。野菜や果物では、果実に枯れた花がらがついたままになっていると、その部分から発病することが多いため注意が必要です。

発生時期

3~12月(気温が20度前後で湿度が高い春~梅雨期、秋~初冬にかけて多発。真夏には減少)

この病気にかかりやすい植物

草花や野菜、花木、果樹などほとんど全ての植物

予防と対処法

予防策

  • 水のやり過ぎに注意する
  • 花の部分にはできるだけ水をかけない
  • 風通しのよい環境で育てる
  • 花がらはこまめに摘み取る
  • 適切な肥料や水やりで植物を丈夫に育てる
  • 発生時期には定期的に薬剤を散布して病気を予防する

病気になってしまったら

咲き終わった花や病気になった部分を見つけたら、すぐに除去して焼却処分し、病気の拡大を防ぎましょう。また、収穫後の果実などが感染すると、貯蔵中に病気が拡大して大きな被害になることもあるので注意が必要です。
薬剤の散布では、同じ系統の薬剤を使い続けると、その薬剤に耐性をもつ菌が出てきてしまうので、違う系統の薬剤を交互に散布するようにしましょう。

有効な薬剤

モスピラン・トップジンMスプレーカリグリーンビスダイセン水和剤ベンレート水和剤ダコニール1000トップジンMゾルオーソサイド水和剤80ロブラール水和剤

PAGE TOP ↑