炭そ病(たんそびょう)

炭そ病についての情報です。

症状

炭そ病は、糸状菌(カビ)の一種の炭措疽病菌が原因で、葉や枝、果実などに発生する病気です。

葉に発生した場合、縁が褐色で内側が灰白色の円形の病斑があらわれ、その中心部に黒い小さなツブツブや糖質のかたまりが出てきます。病斑部はシミのように同心円状に広がっていき、症状が進行すると病斑部の中心から穴が開き、やがて枯れてしまいます。
茎や枝に発病すると、紡錘形や楕円形の病斑があらわれ、やがて枯れていきます。
花弁や果実にも発生します。柿では重大な病気の一つとなっています。

発生時期

春~秋(特に雨の多い6~7月、9~10月に多い)

この病気にかかりやすい植物

草花、鉢花、花木、庭木、果樹、観葉植物、野菜など多くの植物

予防と対処法

予防策

  • 株や葉の風通しをよくする
  • 窒素肥料は控えめにする
  • 水やりではなるべく葉に水をかけないようにする
    (葉水は病気を広げやすいため)
  • 発生前に殺菌剤を散布する

病気になってかまったら

病斑部を見つけたら、早めに取り除き、病気で枯れた葉が土に残らないよう焼却処分しましょう。
発生前や発病初期のうちに殺菌剤を散布するのがもっとも効果的です。(下で薬剤を紹介しています)

有効な薬剤

モスピラン・トップジンMスプレービスダイセン水和剤ベンレート水和剤ダコニール1000トップジンMゾルサンボルドーオーソサイド水和剤80エムダイファー水和剤

PAGE TOP ↑