農薬の基礎知識

農薬の種類や基本的な使い方を知っておくことで、適量を安全に使うことができます。

農薬の種類

病気には殺菌剤、害虫には殺虫剤を

殺菌剤
植物の病気に対する薬剤。病原菌の侵入を防いだり、侵入した病原菌を殺菌します。
ダコニール1000、オーソサイド水和剤、ビスダイセン水和剤、ベンレート水和剤、トップジンMゾル、サプロール乳剤

殺虫剤
植物につく害虫を駆除するための薬剤
オルトラン液剤、オルトランC、ベニカDスプレー、スミチオンスプレー、オルトラン水和剤、ベニカXスプレー、ベニカDスプレージェットタイプ

  • 接触剤(薬剤を直接害虫に付着させて退治する)
  • 食毒剤(薬剤がかかった葉や茎を食べた害虫を退治する)
  • 浸透移行性剤(植物に散布した薬剤が茎、葉、根から吸収され、植物全体に行き渡らせて退治する)
  • 誘殺剤(においの付いた薬剤を撒いてでおびき寄せ、それを食べさせて退治する)

殺虫殺菌剤・・・殺虫剤と殺菌剤の両方を混合した薬剤

植物生長調整剤・・・植物の生長を調整する薬剤
(生長を促進したり、伸長を抑えたり、挿し木などの発根を促すものなど)

除草剤・・・雑草を枯らすための薬剤

展着剤・・・薬剤の効果を高めるために使う補助剤

農薬の形態

乳剤・液剤類・・・液状の薬剤。規定量の水で薄めて噴霧器で散布します。

水和剤・水溶剤・・・粉状の薬剤。規定量の水で薄めて噴霧器で散布します。補助剤として展着剤を混ぜるのが一般的です。

粉剤・・・粉状の薬剤。そのまま散粉器に入れて散布します。薬剤をガーゼで包み、棒などで叩いて散布してもよい。

粒剤・・・粒状の薬剤。そのまま株元にバラまきます。(長期的に効果が持続するものが多い。)

スプレー剤・・・薄める手間がなく、そのまま使えます。部分的な散布に適しています。

エアゾール剤・・・手を汚さず使えます。応急用として利用できるため、常備しておくと便利です。

ペレット剤・・・ナメクジ類など夜間に活動する害虫に有効です。植物を害される前に害虫を誘引して退治することができます。

PAGE TOP ↑