黒星病(くろほしびょう)

黒星病についての情報です。バラや果実に発生する病気です。

症状

黒星病は、糸状菌(カビ)に感染することで生じる病気です。

葉に黒っぽい小さな斑点があらわれ、徐々に拡大して円形の病斑になります。やがてその病斑の周りから黄色く変色し、やがて落葉します。被害が拡大すると、株全体が弱って花が咲かなくなったりします。茎や果実が侵されると、カビが生えたり、ヤニが出てきたりすることもあります。
バラでは最も重大な病気の一つとされ、感染すると深刻な生育障害を受けます。しかも治療が困難な病気のため、予防薬を定期的に散布して感染予防に努めることが大切です。

発生時期

4~12月(梅雨時期など、比較的気温が高く湿気が多い時期に多発)

この病気にかかりやすい植物

バラ、リンゴ、梨、モモ、カボチャ、きゅうり、芝生など

予防と対処法

予防策

  • 鉢植えなどは雨に当たらない軒下などで育てる
  • 発生前に予防薬を散布しておく(下で紹介しています)
  • 窒素過多にならないようバランスのよい肥料で育てる

病気になってしまったら

発病した葉を見つけたら、すぐに除去して焼却処分し、病気が拡大するのを防ぎましょう。
また、発病した株の落ち葉や剪定した枝などは、こまめに処分し、土壌を清潔に保ちましょう。そのまま放置しておくと、翌春に雨のはね返りなどで感染することがあるので注意が必要です。

有効な薬剤

オルトランCモスピラン・トップジンMスプレーベニカXスプレートップジンMスプレービスダイセン水和剤サプロール乳剤ベンレート水和剤ダコニール1000トップジンMゾルオーソサイド水和剤80

PAGE TOP ↑