アオムシ

アオムシ被害についての情報です。

害虫の特徴・被害

アオムシは体の表面にうっすらと緑色の産毛が生えたイモムシで、モンシロチョウの幼虫です。アブラナ科の植物が食草で、キャベツなどの葉の上を移動しながら孔(アナ)をあけて食害していきます。たくさん発生すると、葉脈だけを残して葉をすっかり食べ尽くしてしまいます。

Photo by Pieris rapae

発生時期

春~秋にかけて数回発生(特に5~6月に多発

被害を受けやすい植物

キャベツ、白菜、小松菜、ブロッコリー、カブ、大根、カリフラワーなどのアブラナ科の植物

予防と対処法

予防策

モンシロチョウが飛んでる直後に幼虫の発生が多くなります。アブラナ科の植物の近くでモンシロチョウを見つけたら、卵が産みつけられていないか、幼虫が発生していないか、丁寧にチェックしましょう。寒冷紗などで覆うと産卵を防ぐことができます。

害虫を見つけたら

プランターや小さな家庭菜園などでは、薬剤を使わずに葉の裏にいる幼虫をこまめに探し、幼虫を見つけたらすぐに捕殺しましょう。

有効な薬剤

オルトラン粒剤アクテリック乳剤オルトラン水和剤パイベニカスプレートアローフロアブルCT

PAGE TOP ↑