うどんこ病

うどんこ病は、葉や茎にうどん粉をかけたような白いカビ(糸状菌)が発生する病気です。

症状

うどん粉病の白い粉のようなものはカビの胞子で、菌糸を植物組織の中に伸ばして栄養を吸収します。そのため、白い粉に葉の表面が覆われると光合成が阻害されたり、生育不良になり、葉が萎縮する、花が咲かない、野菜の味が低下する、果実が大きくならない、といった症状が現れ、ひどい場合は枯れてしまうこともあります。

発生時期

一般には4~11月の暖かく夜間の湿度が高い環境で繁殖しやすく、カラッと晴れて乾燥した日に風などで胞子が飛散して被害が広がります。ただし、他の病気と違い、湿度が低い状態でも発生するので注意が必要です。

この病気にかかりやすい植物

ほとんど全ての植物に発生します。
ウリ類・イチゴ・ナス・エンドウ・ベコニア・バラ・サルスベリ・モミジ・スイートピーなど

予防と対処法

予防策

  • 土壌の水はけを良くする
  • 株や葉の風通しを良くする
  • 日当たりをよくする
  • 水を散布して乾燥を防ぐ
  • 窒素肥料を少なめにし、カリ肥料を多めに与える
  • 予防薬を使用する(下で紹介しています)

病気になってしまったら

うどんこ病の菌は植物の表面でしか繁殖することができないので、比較的初期でも肉眼で発見することができます。

病気が進行して変色、変形した葉や茎は早めに除去して病気が広がるのを防ぎましょう。
また、前年の株が残っているとそれが病気の発生源になってしまうので、病気にかかった株や落ち葉は取り除くなどして土壌を清潔に保ちましょう。

有効な薬剤

オルトランCモスピラン・トップジンMスプレーベニカXスプレーカリグリーントップジンMスプレーサプロール乳剤ベンレート水和剤ダコニール1000カダンDトリフミン水和剤ベニカX乳剤

近年は特定の薬剤に対して耐性を持った菌も出てきているので、しばらく使用してみて症状が改善されない場合は薬剤を変えてみましょう。

PAGE TOP ↑